文字サイズ変更

農産物

トップページ > 農産物 > お米情報 > 土生米(どじょうまい)

土生米(どじょうまい)お米情報

土生米(どじょうまい)とは

どじょう昔はJAみねのぶ管内でもたくさん見られたどじょうですが、近年はどじょうが生息しにくいほ場環境に変化してきているため、見かけることは少なくなりました。

そこで、生産者自らが水田にどじょうを放流し、どじょうが生息できる安心・安全な栽培環境で作られたお米であることを消費者の皆さんに知ってもらいたいという思いから、お米の生産と生物多様性保全の両立を目指し、栽培を始めました。

「土生米(どじょうまい)」という名称には、生き物の「どじょう」の意味に加え、どじょうが生きていける健全な土で育ったお米である、という意味も込められています。

土生米は平成24年から栽培を始め、平成25年からはコープさっぽろ様で販売が行なわれています。

生産要領

  • 対象品種は「ふっくりんこ」
  • どじょうを放流すること(500g/10a)
  • 粒選別機の網目は1.9mm
  • 玄米水分14.5〜15.0%
  • 精米タンパク含有量は最大7.1%とし、平均6.9%以下を目標とする。
    ※但し、天候等の自然要因により高タンパク傾向な場合、食味試験を実施し食味に問題がないと判断
     したときに限り、精米タンパク含有量は最大7.4%とし、平均7.2%以下を目標とする。
  • 薬剤使用の厳守(慣行比1/2以下)
  • 障害(生育過剰、生育遅延、不稔、倒伏、病害虫等)の発生した稲は除外

このページの先頭にもどる▲