文字サイズ変更

JAバンク・JA共済

トップページ > JAバンク・JA共済 > JAバンクみねのぶ

JAバンクみねのぶ

窓口・ATMの営業時間

窓口の営業時間

  平日 土日 祝日
4月〜10月 8:30〜16:00 休業 休業
11月〜3月 9:00〜16:00 休業 休業

ATMの営業時間

  平日 土日 祝日
ATM 8:30〜18:30 9:00〜18:30 休業

※ 全国JAバンクの営業時間は、各JAによって異なる場合がございます。

お問合せ先:JAみねのぶ 貯金共済課 Tel:(0126)67-2114

各種手数料のお知らせ

払込手数料(税込)

払込金額の区分 金額
系統あて 5万円未満 216円
5万円以上 432円
他行あて 5万円未満 648円
5万円以上 864円

※系統あて:JA,信連、農林中金、漁連、信漁連

貯金関連手数料(税込)

種類 内容 金額
通帳再発行手数料 一冊 1,080円
証書再発行手数料 一通 1,080円
キャッシュカード再発行手数料 一枚 1,080円
ローンカード再発行手数料 一枚 1,080円
残高証明発行手数料 一通 540円

両替手数料(1件につき)(税込)

両替枚数(紙幣+硬貨) 金額
1〜20枚 無料
21〜100枚 108円
101枚〜1000枚 324円
1001枚〜2000枚 540円
2001枚 1000枚毎に216円を加算

お問合せ先:JAみねのぶ 貯金課 Tel:(0126)67-2114

JAローンのご案内

  • 各種ローンのご利用にあたり、JA所定の審査をさせて頂きます。尚、審査の結果により、ご利用頂けない場合もありますのでご了承願います。
  • 当JAが指定する保証機関の保証が必要となります。(別途保証料が必要です)
  • 所定の出資金が必要となる場合があります。
  • 各種ローン金利表(H25.9.1現在)

マイカーローン

資金使途 自動車・バイクの購入資金など
利用条件 くわしくは、JAへお問い合わせ願います
借入金額 10万円以上500万円以下(1万円単位)
借入期間 くわしくは、JAへお問い合わせ願います

リフォームローン

資金使途 既存住宅の増改築・改修・補修ほか
利用条件 くわしくは、JAへお問い合わせ願います
借入金額 10万円以上1,000万円以下(10万円単位)
借入期間 1年以上15年以内(1年単位)

住宅ローン

資金使途 住宅の新築・購入からリフォーム及び借換など
利用条件 くわしくは、JAへお問い合わせ願います
借入金額 10万円以上5,000万円以下(10万円単位)
借入期間 3年以上35年以内(1年単位)

教育ローン

資金使途 高校以上の学校の就学予定または就学中の子弟の入学金、授業料、施設費等、1年分の教育費および居住費など
利用条件 くわしくは、JAへお問い合わせ願います
借入金額 10万円以上700万円以下(1万円単位)
借入期間 15年以内(在学期間+9年)

※上記ローンの他、各種ローン及び制度資金も取扱しておりますので、お気軽にご相談下さい

金融円滑化にかかる基本的方針

当JA峰延(以下,「当JA」といいます。)は,農業者の協同組織金融機関として、「健全な事業を営む農業者をはじめとする地域のお客さまに対して必要な資金を円滑に供給していくこと」を、「当JAの最も重要な役割のひとつ」として位置付け、当JAの担う公共性と社会的責任を強く認識し、その適切な業務の遂行に向け、以下の方針を定め、取組んでまいります。

  1. 当JAは、お客さまからの新規融資や貸付条件の変更等の申込みがあった場合には、お客さまの特性および事業の状況を勘案しつつ、できる限り柔軟に対応するよう努めます。
  2. 当JAは、事業を営むお客さまからの経営相談に積極的かつきめ細かく取り組み、お客さまの経営改善に向けた取組みをご支援できるよう努めてまいります。
    また、役職員に対する研修等により、上記取組みの対応能力の向上に努めてまいります。
  3. 当JAは、お客さまから新規融資や貸付条件の変更等の相談・申込みがあった場合には、お客さまの経験等に応じて、説明および情報提供を適切かつ十分に行うように努めてまいります。
    また、お断りさせていただく場合には、その理由を可能な限り具体的かつ丁寧に説明するよう努めます。
  4. 当JAは、お客さまからの、新規融資や貸付条件の変更等の相談・申込みに対する問い合わせ、相談及び苦情については、公正・迅速・誠実に対応し、お客さまの理解と信頼が得られるよう努めてまいります。
  5. 当JAは、お客さまからの新規融資や貸付条件の変更等の申込み、事業再生ADR手続の実施依頼の確認または地域経済活性化支援機構もしくは東日本大震災事業者再生支援機構からの債権買取申込み等の求めについて、関係する他の金融機関等(政府系金融機関等、信用保証協会等および中小企業再生支援協議会を含む。)と緊密な連携を図るよう努めてまいります。
    また、これらの関係機関等から照会を受けた場合は、守秘義務に留意しつつ、お客様の同意を前提に情報交換しつつ連携に努めます。
  6. 当JAは、お客さまからの新規融資や貸付条件の変更等の申込み、事業再生ADR手続の実施依頼の確認または地域経済活性化支援機構もしくは東日本大震災事業者再生支援機構からの債権買取申込み等の求めについて、関係する他の金融機関等(政府系金融機関等、信用保証協会等および中小企業再生支援協議会を含む。)と緊密な連携を図るよう努めてまいります。
    また、これらの関係機関等から照会を受けた場合は、守秘義務に留意しつつ、お客様の同意を前提に情報交換しつつ連携に努めます。
  7. 当JAは、お客さまからの上述のような申込みに対し、円滑に措置をとることが出来るよう、必要な体制を整備いたしております。 具体的には、
    • (1)組合長以下、関係役員部長を構成員とする「コンプライアンス委員会」にて、金融円滑化にかかる対応を一元的に管理し、組織横断的に協議します。
    • (2)信用事業担当理事を「金融円滑化管理責任者」として、当JA全体における金融円滑化の方針や施策の徹底に努めます。
  8. 当JAは、本方針に基づく金融円滑化管理態勢について、その適切性および有効性を定期的に検証し、必要に応じて見直しを行います。

附則
この方針は、平成22年1月22日から実施する。
平成25年8月17日 一部改正(4月1日から遡及適用)

反社会勢力への対応に関する基本方針

峰延農業協同組合( 以下「当組合」といいます。) は、事業を行うにつきまして、平成19年6月19日犯罪対策閣僚会議幹事会申合わせにおいて決定された「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」( 以下、「政府指針」という。) 等を遵守し、反社会的勢力に対して断固とした姿勢で臨むことをここに宣言します。

(反社会的勢力との決別)

1.当組合は、取引関係を含めて、排除の姿勢をもって対応し、反社会的勢力による 不当要求を拒絶します。

(組織的な対応)

2.当組合は、反社会的勢力に対しては、組織的な対応を行い、職員の安全確保を最優先に行動します。

(外部専門機関との連携)

3.当組合は、警察、財団法人暴力追放推進センター、弁護士など、反社会的勢力を排除するための各種活動を行っている外部専門機関等と密接な連携をもって、反社会的勢力と対決します。

以上

※「反社会的勢力」とは、「政府指針」に記載される集団または個人を指します。

このページの先頭にもどる▲